立川稲門会 談話サロン メンバー各位

昨日の5月度例会には雨天にも拘らず、多数ご参加いただきありがとうございました
特に、間際での無理なスケジュール調整のお願いにご検討・ご対応頂いた方々には
深く感謝いたします

さて、何時もより少々ご案内が早いのですが、6月度の例会の案内をいたします

日時 6月12日(火) 14時から
場所 立川市こども未来センター 2階202会議室 (いつもの場所です)
講師 いよいよ、寿台さんの登場です
テーマは
 「宗教は必要か?――死を前にした何人かの人の言説を通して考える――」
具体的な内容についても、寿台さんから説明文を頂いております
そのままを下記に添付いたしますので、是非ご一読ください
(もしかすると、事前の予習が必要かもしれません)

是非、下記のサイトで出欠の登録をお願い致します
 https://kanji.1ww.com/e/doihqg

 May 9  畠中

<寿台さんからのメールです>

寿台です。

昨日の談話サロンでは、とても有意義な話を聞かせていただきまして、有難うござい

した。
そこで来月の私の話題提供のテーマをお伝えしておきたいと存じます。

一応話のタイトルは「宗教は必要か?――死を前にした何人かの人の言説を通して考

る――」としておいていただければと思います。
それで内容を少し申し上げておきますと、最初に「宗教の定義」(宗教とは何か?)

問題に簡単に触れた上で、主としては清沢満之(きよざわまんし・結核)、正岡子規

結核)、中江兆民(喉頭がん)、幸徳秋水(死刑)という明治の宗教家・文学者・思

家たち(いずれもカッコ内の死因で比較的若く亡くなった人)の死を前にした言説を

して、宗教の必要性について考えてみたいと思います。
この中、清沢満之はあまり一般に名を知られていないかもしれませんが(とはいえ宗

について考えようとする人ならば知っていなければならない人ですが)、とりあえず

宗大谷派の学僧(大谷大学の初代学長にあたる人)で、日本近代において最も早く
「宗
教」について哲学し、また仏教・浄土真宗の近代的な受け取り方を示した(実は近代

おいて『歎異抄』という宗教書が一般化する最初のきっかけになった)人だと言って

きたいと思います(詳しくは当日話します)。

以上、よろしくお願い申し上げます。

寿台順誠