《中山道ひとり旅・近況》

先日、秋分の日の休みを利用して、旧中山道、南木曽宿から妻籠宿、馬籠宿を歩いてきた。

昨年10月、急に思い立って日本橋から出発したone day中山道ひとり旅は、最後の木曽路にさしかかった。

前日泊した塩尻の朝はあいにくの曇り空で煙っている。一番電車に乗って出発点の南木曽駅に降りる。

やや肌寒く雨模様でもあるが、いつもの通り短パンに半そでTシャツ、小さなリュックを背負って出発。

雨になる前に一つ目の宿場へと小走りに歩く。

山道が多い上に道に迷いそうなので、いつものランニングは封印して進む。

相変わらず人に会わない。木曽路らしく鬱蒼とした木々の間に道が続く。

時々石畳の登りもあり、江戸時代にタイムスリップした気分にひたる。

この旅は、「江戸時代の人に会いにいく」という最大の目的がある。

歩きはじめて1時間、とうとう誰にも出会うことなく妻籠宿の入口に来た。

宿場にたどり着くこの瞬間がたまらない。

歩いて来たひとだけが味わう、わくわく感、安心感。

人がいる、店がある。ささやかではあるが賑やかさが旅人の疲れを癒してくれる。

この宿場まちは古い建物の保存がよく、電線もなく、素敵な街並みがうれしい。

まだ旅は先があるので、じっくり街を眺めることなく、通り過ぎる。

雨が降り始めてきた。カッパをきて傘をさす。だんだん雨脚が早くなる。早足で進む、登る。

いよいよ馬籠峠に入ってきたようだ。

晴れていればこの自然を、昔なつかし木曽路を、満喫できるのにと思いながら歩く、登る。

朝なのに暗い、熊も出そうな静けさだ。

向こうから誰か来る。何人も来る。ほっとして声をかける。外国人旅行者のようだ。

この雨のなかをよく歩くなあ、と自分のことを棚にあげ感心する。

降りしきる雨のなかを、林の中を歩くこと約2時間、出会ったひとの数ではこの旅を始めて一番だ。

しかもこの雨のなか。その8割は外国のひと。日本人にはほとんど出会わない。

そうか、外国にも有名な馬籠宿を控えているからとわかったのは、ついにその入口に差し掛かったときだ。

急な坂に古い家々が並ぶまさに宿場町、馬籠宿。雨の中でも多くの観光客が行き交う。

前に一度この街を訪れたことがあったが、歩いてたどり着いたこの日は全く別の印象で出迎えてくれた。

昔の旅人も雨のなかでこの街にたどり着き、ほっとした気持ちで草鞋をぬいだことだろう。

(小林和雄記)

%e2%91%a4%e9%9b%a8%e3%81%ae%e9%a6%ac%e7%b1%a0%e5%ae%bf%e2%91%a3%e9%a6%ac%e7%b1%a0%e5%b3%a0%e3%81%ab%e5%85%a5%e3%82%8b

雨の馬籠宿                 馬籠峠に入る

%e2%91%a2%e9%a6%ac%e7%b1%a0%e3%81%ab%e5%90%91%e3%81%86%e2%91%a1%e7%9f%b3%e7%95%b3%e3%81%8c%e7%b6%9a%e3%81%8f

馬籠に向かう               石畳が続く

%e2%91%a0%e9%9b%b2%e3%81%ab%e7%85%99%e3%82%8b%e5%8d%97%e6%9c%a8%e6%9b%bd%e9%a7%85

雲に煙る南木曽駅